預金商品の紹介【定期預金】とは

銀行などの金融機関を利用したことがあれば一度は聞いたことがある「定期預金」は、 一定期間払い戻しを行わないということを条件で、普通預金よりも高い金利を得ることが出来る預金です。

期間は数ヶ月から数年単位まで設定することが可能で、基本的には預金期間が長期になればなるほど拘束される期間が長くなりますが、その分高い金利を得ることが出来ます。

仮に中途解約してしまった場合はどうなってしまうのでしょうか?
基本的に元本は下回る心配はありません。
しかし、中途解約利率が適用されますので普通預金よりも利息の額が下回ってしまいます。

定期預金は金融商品の中でも最も安全で運用性の高い商品といえます。
定期預金は運用効果は高いため、長期的な運用には非常に効果を発揮します。ですので、長期間使用する予定が無い資金については積極的に定期預金に回すと良いでしょう。

預金商品の活用法

大切な資産の運用を考えた場合、ポートフォリオの偏りには要注意です。
たとえば株で大きく利益を出すことができたからといって、資産の多くを株につぎ込むのは危険です。どんな投資も、いかなる資産運用も、それぞれにリスクはあるものです。リスクヘッジは絶対に忘れてはなりません。

その点、ローリスクローリターンの預金商品は大きな利益は望めませんが、手堅い資産運用ができるのは間違いありません。この貯蓄型資産運用こそは、ポートフォリオの偏り防止には大いに威力を発揮してくれます。

確かに低金利の今の時代、預金商品には旨味を感じないことも否定できません。しかし、低金利の時代だからこそ、金融機関を厳選して預金商品を選びたいものです。少しでも利息が高いもの、少しでも手数料や振り込み料などが安いもの、そうしたお得な預金商品を探し出すことも、地味ではありますが、資産運用の大切な基本ではないかと思います。

 いずれ来るであろう大きな投資チャンスをモノにするためにも、預金商品の活用で日頃から備えておきましょう。

円定期預金ブーム再来

近年不況が続く中、どうにか手元にある大切な自己資金を増やしたいと思う方が増えてきています。

より高いリターンを狙って外貨預金を始める人もたくさんいましたが、今では高いリターンよりも高い為替リスクが気になるということで、減少しているようです。

同じく、株式投資や投資信託も人気でしたが減少気味ということです。

それでは資産はどこに流れていっているのか・・・今はローリスクな貯蓄への注目が高まり定期預金への資産移動が増加しているようです。

一発当てるというよりは、確実に資産を守るという考え方にチェンジしているのです。
ただし、定期預金であればどれでも良いと言うわけではありません。不況も長引き定期預金の金利にも変化が出てきています。

常に上下しているものなので最新の金利をチェックし、少しでも高金利の定期預金を活用するというのが賢いやり方だといってよいでしょう。定期預金の預金金利の最新情報をチェックしましょう。

このページの先頭へ

イメージ画像